目指すべきは万能型か一芸型か

こんにちは、須藤一寿です。

今回もご覧くださり、
ありがとうございます。

最近は国内でも投資の必要性が、
徐々に広まりつつあり、

新たにFXを始める人も
増えてきた印象です。

そこで今回のテーマは、

初心者のトレーダーがまず目指すべきは
万能型か、それとも一芸型か

といった内容で
取り上げたいと思います。

初心者の方でなくても、
自分のスタンスが
まだ定まっていないトレーダーは、

一度は考えてみるべき
テーマだと思いますので、
ぜひご覧ください。

あなたの“必殺技”を磨く『一芸型トレード』

結論から言うと、
まず目指すべきは【一芸型】だと私は考えています。

一芸型トレーダーがどんなものかというと、

「この相場場面なら、
 絶対に負けない!」

というように、自信を持ち、
安定して勝ち続けることのできる

得意な「相場状況」
得意な「チャート形状」

これらを“ ひとつでも持っている ”
トレーダーのことです。

言うなれば、

ここぞという時に、
高勝率で利益を生む

“必殺技”

を持っているということ。

違う角度からいうと、
それら得意の形やパターンに
当てはまらない時に

無理にトレードしてしまうと
損が出てしまうので、

アクションを起こさない
トレーダーのことをいいます。

この【一芸型トレーダー】を目指すためには、
前述したように、

まずはものすごく
ピンポイントでも良いので、

「この形だけは得意!」という、

自分にとっての

“ハマりパターン”
“鉄板パターン”

を持つことが大切です。

その点、
「まず目指すべき」とは申しましたが、

最終的に
「一芸型」のまま完結しても
良いぐらいだと思います。

なぜなら、

相当な成功を収めた
大相場師と言われるような
先輩方のトレードを見ても、

足の速い売相場が得意だとか、
自分のパターンに当てはまった
買い相場は見逃さないとか、

とかくそういった
「一芸型」を極めたタイプが
圧倒的に多いからです。

しかしデイトレードのように、
頻度の高いトレードスタイルの場合、

「万能型」

つまり、どんな相場からでも
利益が上げられますよ、といわれると、

大変魅力的でカッコよく
聞こえてしまうもの。

そこで最終的に目指すべきはやはり
「万能型」だろうと
思ってしまいがちですが、

トレードはやはり、
全てのロジック、相場を
網羅したい!という

自分の欲との戦いになります。

ですが、私が考える

『FXで絶対に負けるパターン』

というのは、

年中休む暇なく、
必死にトレードに打ち込むこと。

万能型トレードというのは、
自然とそのパターンに陥ってしまいやすく、

当然、利益を出すのが
難しくなってきます。

結局は確率論ですが、

トレーダーは【一芸型】を目指すほうが
成功確率が高いように感じています。

「取りに行くのではなく、拾わせてもらう」

ご参考になれば幸いです。

お読みくださり、ありがとうございました。

須藤一寿のオススメ講座

インジケーターを一切使わず、 相場の本質「ローソク足」を徹底的に研究。

ついに導き出した“ローソク足の4つのパターンだけ”で稼ぐトレード方法を、無料オンライン講座で公開しています。

勝率9割、月利100%という、並外れた実績を残し続けるその詳細を、下記からご覧ください。

シークレットFX