あなたもしている?「負けトレード反省」の落とし穴

こんにちは、須藤一寿です。
今回もご覧くださり、ありがとうございます。

当たり前のことではあるのですが、
10人のトレーダーがいれば、
10人それぞれの性格があります。

いわゆる「十人十色」というヤツですね。

そしてこの性格というものは、
トレード方法や利用するロジック
だけに留まらず、

トレードの分析方法や
反省の仕方にも影響を与えます。

感覚で修正しようとする人がいれば、
事細かに真面目に分析し、
それを次に活かそうとする人もいます。

ですが実のところ、
投資では「良くない分析・反省の仕方」
というのも存在します。

そこで今回お話したいのは、

「真面目」で「分析型」の
トレーダーがやってしまっている

“ 絶対にやってはいけない分析・反省 ”

というのをご紹介していきます。

【前提に関するズレ】問題

当然ながら、
「真面目」で「分析型」というのは、

トレードに取り組む上で
大変良いことだと思います。

決して悪いわけではありません。

ただ、それゆえに
思わぬ “ 落とし穴 ” があるんですね。

まず「真面目」で「分析型」の人は、
自分のトレード結果に対して、

合理的な因果関係を
突き止めようとします。

また、突き詰めれば、
必ず「その答え」が出ると、
考えるフシがあります。

つまり、
負けトレードを経験した時に、

「自分自身か、ロジックのどちらかに
 必ず原因があるはずだ。
 がんばって明らかにしてみよう」

こういった思考になるわけです。

この考え方の
どこに問題があるのか、

あなたには、
分かりますか?

実はこれは、
相場に限らず、

「不確定要素が少しでもある勝負事」

に当てはまることなんですが、
合理的な説明を探しても、

《説明しようがない負け》

というものが、存在するのです。

つまり、自分としても
ルール上の見落としは無かった、

ロジックにも問題はない、

※勿論100%ではないが、
 優位性は確保されている

そうであったとしても、
“ 負けが来る時は来る ” のです。

そうでなければ、
問題をすべて潰していけば、

いつか100%、
勝てることになります。

しかし、相場のように
常に、幾らかでも不確定要素の影響に
晒されている勝負事においては、

すべてに合理的な説明を
要求することはできないという前提の下、
取り組む必要があります。

ここが「真面目」で「分析型」の人が
比較的初期の段階で見誤りがちな、

【前提に関するズレ】問題なのです。

ですので、

「必ず敗因があるはずだ」

と深刻になり過ぎないことですね。

もちろん「本当にそうか?」という
問い掛けを怠ってはいけないと思います。

つまり、

自分に見落としがあったり、
ロジックに改善の余地があるような場合は、
次に活かせる材料があるので、

そこは解消して、
次に臨まなければなりません。

しかし、

「トレードの敗因、負けた理由についての
 合理的な説明は、100%見つかるわけではない」

という、この重大な現実を
忘れないようにしておくことは

精神衛生上も含めて
大切なことだと痛感しています。

ご参考になれば幸いです。
お読みくださり、ありがとうございました。

須藤一寿のオススメ講座

インジケーターを一切使わず、 相場の本質「ローソク足」を徹底的に研究。

ついに導き出した“ローソク足の4つのパターンだけ”で稼ぐトレード方法を、無料オンライン講座で公開しています。

勝率9割、月利100%という、並外れた実績を残し続けるその詳細を、下記からご覧ください。

シークレットFX