エントリーに焦りは禁物。機が熟すまで “ 不動 ” を貫くべし

こんにちは、須藤一寿です。
いつもご覧くださり、ありがとうございます。

前回に続き、「相場の七(?)不思議について」
お話したいと思います。

相場で勝つためには待つことも必要

今回は、2つめの七不思議、

【自分がエントリーしたら、相場の動きが止まる(停滞する)】

という謎です。

この現象は、前回お伝えした1つめの七不思議と
関連が深いものかもしれませんね。

1つめは「買えば下がる、売れば上がる」でしたが、
今回は「入れば止まる」といった感じでしょうか。

「トレンドだと思ってエントリーしたのに、
 エントリーした途端に相場が動かなくなる」

という現象です。

身に覚えがある方は、比較的多いのではないでしょうか。
もちろん、私自身も何度も経験してきました。

やはり、この呪縛から解かれる方法も、
タイミングと深い関係があるように思います。


これまでも、みなさんとご一緒に考えて来た通り、
相場は、走り(トレンド)と、通い(レンジや保合い)
繰り返しで構成されています。

なので、「走り」が継続したら、次は「通い」に、
「通い」がある程度続いたら、今度はまた「走り」に戻る。

そんな風に原則的には
「走り」と「通い」を交互に繰り返しながら、
相場は形成されていきます。

もちろん、たまには「走り」の次にまた「走り」が続いたり、
逆に「通い」がダラダラと長く続いたりすることもあります。

ただ、大抵の場合は、
各々のターンを繰り返す感じで相場は進みますね。

そういうわけで、
トレンドのような目立った動きを見てエントリーすると…… 

その頃には、もうすでに「走り」から「通い」に
変わっているのでしょうね。

「走り」をうまくとらえるためには、

「相場に動きを見つけたら」→
「次のターンのレンジや保合いをやり過ごして」→
「また次に動くターンの時にエントリーする」

という風にすれば良いことになります。

このように理屈で考えると簡単なのですが、
やはり難しいのはトレーダー心理だと思います。

相場に大きな動きが見えると、
どうしてもそれに乗っかりたくなるのが、
人情、トレーダー心理というものではないでしょうか。

そこをなんとかぐっとこらえて、

「自分が今見ている動きは、
 既に過去のものになっているので、
 
 次は落ち着くターンがやって来る確率が高い。
 それをやり過ごしてから、次の動きでエントリーしよう」

などと考えておくとよいでしょう。

「走り」と「通い」の波を感じとり、
次のチャンスまで待つことを意識できれば、
【入れば止まる】という悩みもほとんど解決する

と私自身、感じています。

参考にしていただけましたら幸いです。

今回もお読みくださり、
ありがとうございました。

須藤一寿のオススメ講座

インジケーターを一切使わず、 相場の本質「ローソク足」を徹底的に研究。

ついに導き出した“ローソク足の4つのパターンだけ”で稼ぐトレード方法を、無料オンライン講座で公開しています。

勝率9割、月利100%という、並外れた実績を残し続けるその詳細を、下記からご覧ください。

シークレットFX