【カナダ円】Appleを超えた“ある企業”が相場を動かす!?

2022年6月30日

日本国内でも「値上げラッシュ」が続いています。
6月は、カップヌードルなどの「インスタント麺類」が、各社値上げを実施。

これだけに収まらず、7月には「食パン」、8月には「家庭用パスタ」、今わかっている範囲でもこれだけの商品が値上げを行う予定です。

度重なる「値上げラッシュ」に対して、メディアやSNSでは声高に「円安のせい!岸田政権は何をやっているんだ!」と安易に政権批判をする方も少なくありません。

ですが、実はそれ「大きな勘違い」だと、講師の北田さんは断言。

本日お届けするFXタイムズでは、現在日本で起きている値上げラッシュの「真実」と、その裏で、大きな値動きが起きている通貨ペア「カナダ円」についてご紹介します。

つい先月、世界最大の企業「Apple」が “ ある企業 ” に世界一の座を奪われました。
カナダ円が大きく値動きするのは、実はこの新たに君臨した世界ナンバーワンの企業にも関わりがあったりします。

いま世界で何が起きているのか?

この「真実」を知らずに、これからのFXの相場で生きていくことは難しいでしょう。

ぜひ本日のFXタイムズで、この「衝撃の真実」をその目で確かめてください。

今回のピックアップ用語集

▼値上げラッシュ・物価高騰
商品やサービスなどの値段が大幅に上昇すること、
物価が高騰することを意味する表現。
今日本では毎月何かが値上げされている。

▼時価総額
現在の株価に発行済株式の数をかけて求められる数値で、
企業の価値や規模を評価する重要な指標のひとつ。

▼Apple
アメリカ合衆国の多国籍テクノロジー企業。
デジタル家庭電化製品、ソフトウェア、
オンラインサービスの開発・販売を行っている。

▼サウジアラムコ
サウジアラビア王国の国有石油会社である。
保有原油埋蔵量、原油生産量、原油輸出量は共に世界最大。

▼資源国通貨
鉱物資源やエネルギー資源、食料資源などを産出し、
それを主要な輸出品としている国の通貨。

▼OPEC
Organization of the Petroleum Exporting Countriesの略。
石油輸出国機構。原油の生産調整などにより
原油価格に大きな影響を及ぼす存在となっている。