プライスアクションにおける、相場の“圧力”について

sudoh_20211014

こんにちは、須藤一寿です。

今回は、「プライスアクションにおける相場の圧力」についてお話しています。

相場では、価格に対して二方向の圧力が常にかかっています。

それが、「買い圧力」「売り圧力」

買い、または売りのどちらかの圧力が強ければ、トレンドが発生します。
対して、売買の圧力の関係が拮抗していれば、レンジ相場になります。

プライスアクションでは、こうした相場の圧力を活用し、環境認識や実際のトレードを行ってきます。

そこで今回私がお伝えするのは、チャート上に現れる「圧力のサイン」。

このサインを理解することで、レンジ相場の終わりやトレンドの継続を見抜けるようになるでしょう。

意識して圧力を見ることで、トレードの質がガラリと変わるはずですので、お見逃しのないよう、ご覧くださいね。

※動画が再生されない場合はこちらをクリック

須藤一寿のオススメ講座

インジケーターを一切使わず、 相場の本質「ローソク足」を徹底的に研究。

ついに導き出した“ローソク足の4つのパターンだけ”で稼ぐトレード方法を、無料オンライン講座で公開しています。

勝率9割、月利100%という、並外れた実績を残し続けるその詳細を、下記からご覧ください。

シークレットFX