もう雇用統計じゃ稼げない?最新「指標トレード」の鉄則

2022年8月10日

「経済指標を押さえているのに、いまいち相場を読み切れない……」
「やっぱりファンダメンタルズって難しいんじゃない!?」

と、お悩みのあなた。

それ、ファンダメンタルズ情報の使い方を、間違えているだけかもしれませんよ……?

FX相場の動きをいち早くとらえるには、経済指標とは別の“ ある情報 ”に注目しなければなりません。

そこで、本日お届けするFXタイムズでは、相場の未来を知るために絶対必要な“ ある情報 ”とは何かをお伝えします。

必要な情報は、たったひとつだけ。
それさえ分かれば、経済指標に振り回されることは激減するでしょう。

通貨価値を決めているのは、経済指標そのものではない――

この衝撃の事実に、目が覚めるような思いがするのではないでしょうか?

真のファンダメンタルズ分析に触れ、凄腕トレーダーへの一歩を踏み出したいあなたは、ぜひ動画をご覧ください!

今回のピックアップ用語集

▼米雇用統計
毎月第1金曜日に米国労働省が発表する
米国の雇用情勢を表す統計。
米国の景気を示す指標として重要視されている。

▼FOMC
Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)。
米国の金融政策を決定する会合。
年に8回、米国の金融政策を決定するために行われる。

▼経済指標
米国雇用統計を含む、
世界各国の経済活動の現状を表す
データのこと。