ポンドドル急上昇!原油高騰が相場を動かす理由とは

2021年11月17日

今、世界中で起きている"悪いインフレ”をあなたはご存知ですか?

その名も、スタグフレーション。

昨年から続く原油価格の高騰で、不況にも関わらず物価だけが上がる最悪な現象が、いま起きているんです。

ただそんな中、FXの世界では、原油の高騰が「ある通貨ペア」に上昇トレンドを引き起こす、と考えられています!

そこで今回の動画では、スタグフレーションの解説とともに、いま狙うべき注目相場を徹底解説していきます。ぜひ、本日中にチェックしてくださいね。

今回のピックアップ用語集

▼インフレーション(インフレ)
物価が継続的に上昇し、
お金の価値が下がり続ける現象のこと。

▼デフレーション(デフレ)
物価が継続的に下落し、
お金の価値が上がり続ける現象のこと。

▼物価
全国の消費者が購入する
各種の商品やサービスの価格を平均したもののこと。

▼スタグフレーション
不況にも関わらず世の中のモノやサービスの価格が
全体的に継続して上昇する現象。

▼資源国
金・銀・プラチナ・鉄鉱石などの鉱物資源、
石油・石炭・天然ガスなどのエネルギー資源、
食糧資源などを産出する国の総称。

▼利上げ
政策金利を引き上げること。

▼FRB
アメリカの中央銀行制度の最高意思決定機関で、
日本語で「連邦準備理事会」とも呼ばれる。

▼ECB
欧州中央銀行のこと。
ユーロ通貨圏(ユーロ圏)である19カ国の、
統一的な金融政策を担っている中央銀行。

▼BOE
イギリス中央銀行。

▼恒大(コウダイ)集団
中国大手の不動産デベロッパー会社
不動産業以外にも電気自動車、ミネラルウォーター、サッカーチームなど展開している。

▼リスクオン
積極的に利益を求めてリスクのある投資をすること。

▼リスクオフ
将来的に景気が悪化することが予想され、
投資家が投資を渋って安全ん通貨に資金が向かいやすい状況。