中国最大の企業「恒大集団」と「習近平」がFXに与える影響

2021年11月11日

最近ニュースで話題となっている、恒大(コウダイ)集団問題をあなたは知っていますか?

実は「中国版リーマン・ショック」と危惧する金融関係者もいるほど、世界経済に大きな影響を与える重大ニュースなんです。もちろん、為替相場にも大ダメージが与えられることでしょう。

そこで今回は「なぜ恒大集団問題が騒がれているのか」に加えて、この問題が「どの相場にどれくらいインパクトがあるのか」についても具体的に解説!

この情報を今すぐにご覧になることが、1分1秒のスピードで利益獲得に大きく関わってくるので、必ず本日中に動画をご覧さいね!

今回のピックアップ用語集

▼恒大(コウダイ)集団
中国大手の不動産デベロッパー会社
不動産業以外にも電気自動車、ミネラルウォーター、サッカーチームなど展開している。

▼バブル
株価や地価など資産価格の急激な上昇と、それに伴う好景気のこと。
一時的な高騰で、時期とともに弾けることから「バブル」と呼ばれる。

▼中国共産党の党大会
5年に1度、幹部である約200人の中央委員の選出や
党規約の改正、重要な政策課題を討議する。

▼習近平
中華人民共和国の第5代最高指導者であり、共産主義者。

▼共同富裕
貧富の格差を縮小して社会全体が豊かになるという
中国共産党政権が掲げるスローガン。

▼リスクオン
積極的に利益を求めてリスクのある投資をすること。

▼リスクオフ
将来的に景気が悪化することが予想され、
投資家が投資を渋って安全ん通貨に資金が向かいやすい状況。

▼麻生シーリング
麻生財務大臣の要人発言により意識されるようになった、
1ドル=114円のラインのこと。