世界の三大取引市場とは?特徴について詳しく教えます!

FXスタートアップ講座

外国為替市場では一般的に「ロンドン」「ニューヨーク」「東京」の3つが世界三大市場と言われています。

ただ、外国為替市場というのは株式でいう東京証券取引所のような取引所が存在するわけではないので「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」「東京市場」という取引所が存在しているわけではありません。

こちらは、あくまでその国の各金融機関が開場されて、活発に取引がされる時間帯のことを指しています。

そして、主な各市場の時間帯は下記となります。

市場 主な取引時間
(サマータイムは1時間繰り上げ)
東京市場 9:00~15:00
ロンドン市場 16:00~24:00
ニューヨーク市場 22:00~6:00

サマータイム(Summer Time)とは、3月から10月までの期間に時計の針を1時間早める制度のことです。通称「夏時間」と呼ばれていて、この時期は各市場の開場時間は1時間繰り上がります。

その逆に、11月から3月までの期間は「冬時間」と呼ばれているため上記表の時間帯が、各市場の開場時間となります。

※各証券会社によってサマータイムの変更タイミングは変わるので、気になる方は事前に調べてみてくださいね。

各市場ごとの特徴について

それでは続いて、各市場ごとの特徴について詳しく解説していきます。

東京市場

東京時間というのは、日本や香港、シンガポールなどの市場が開き、アジア地域に住んでいる人が取引に参加する時間帯となります。

特に「ゴトー日」といわれる5と0のつく日は、日本企業(輸入企業など)の決算日であることが多く、海外への支払いのためにドルが多く買われる傾向にあります。

そのため、仲値が決まる9時55分までは、ドル円の値動きが活発になりやすく、10時過ぎになると穏やかな値動きになることが多いのが特徴のひとつです。

また15時頃から「東京オプションカット」と言われる権利を売った側と買った側の攻防により値動きが激しくなることが多く、さらに、この後に続くロンドン市場の開場に向け、ポジションを調整するトレーダーもいるため、15時から16時の間は注意が必要です。

ロンドン市場

この時間帯では、欧州の市場が開くに従ってユーロやポンドなどの取引が活発になります。

特に欧州における取引の大半を占めるロンドン市場の開く16時からは市場参加者も増加し、一気に相場の値動きが出てきます。

主にユーロやポンドなどの欧州通貨が活発に取引され、ユーロ圏の経済指標が発表されると値動きは特に大きくなります。

しかし、19時頃になると、欧州勢はお昼休みに入るので、一旦、値動きが落ち着くため短期的なトレンドができていた場合でも、19時を境に緩んでくる傾向があります。

また、22時にニューヨーク市場がオープンすると取引高の高い市場が重なる時間帯となり、1日の中で最も活発な取引量となるので相場の値動きは激しくなる傾向にあります。

またロンドン市場で注意しなければならないのが「ロンドンフィキシング」と言われるものです。

「ロンドンフィキシング」とは、東京仲値決定のロンドン版で、日本時間の午前1時(夏時間は午前0時)に、金の価格が決定されるため、この時間の前後はチャートがとくに激しく動きやすいです。

そのため、安易に手を出してしまうと大きな損失が発生する恐れもありますので、この時間帯は特に注意が必要です。

ニューヨーク市場

22時過ぎになるとニューヨーク市場も開き、アメリカからの参加者も加わることで、為替の値動きはピークを迎えます。

特にロンドンとニューヨークの2つの市場が開いている22時〜2時は為替相場で最も取引が活発になる時間帯です。

そして、日本時間の午前0時(夏時間の23時)は「NYオプションカット」により値動きがより活発になります。

NYオプションカットとは「東京オプションカット」のニューヨーク版のことで、この時間は予測出来ない動きをすることがあるため注意が必要です。

さらに、東京の仲値に相当する「ロンドンフィックス」が午前1時(夏時間は午前0時)に当たるので、この時間帯前後は、ユーロやポンドの値動きが激しくなるのも特徴のひとつ。

しかし、午前2時過ぎになると、欧州の株式市場が終了となるため、やや値動きが落ち着いてきます。

ですが、この時間帯でも重視されている米国の経済指標の発表や要人発言だったり、米国の金融政策が発表される日になると、2時過ぎの深夜であっても大きな値動きが見られる場合もあるので、トレードをする際は経済指標情報は、必ずチェックしておきましょう。

まとめ

以上が、「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」「東京市場」の三大取引市場の特徴となります。

各市場ごとの特徴を把握しておけば、危険な時間帯を避けることにも繋がるので、トレードを有利に進めることができますし、トータルで利益を残していくためには各市場ごとに合わせた取引も必要になってくるので、ぜひ今回お伝えした内容を参考に、今後のトレードに活かしてもらえれば幸いです。